人気ブログランキング |
鐘鴨が行く!
bergamo.exblog.jp
ブログトップ
フットスイッチ導入レポート
1週間ほど前にフットスイッチを導入しまして、なかなか良いものでしたのでご紹介を。



購入したのはルートアールが販売している『RI-FP1BK』という製品です。
まずはパッケージをパシャリ。
b0255872_8443957.jpgb0255872_8444177.jpg

安定の中華クオリティですね。
サイズはカロリーメイトくらいです。意外に小さいのです。
b0255872_8444268.jpg
b0255872_844441.jpg

付属品は日本語マニュアルと設定CD。
ところで、中国製品は未だに8cmCDが多いですよね。
若い子の中には「何これドライブとサイズ違うじゃん!」なんて言う人もいるだろうなぁと常々思っています。
でもご安心を。ちゃんと内側の溝に収まります。
とは言ったものの、サポートから最新版をDLするのがベターです。
b0255872_8444819.jpg

ちなみに、マニュアルの日本語はちゃんと読めます。販売側で用意しているのでしょうね。
b0255872_8445090.jpg

設定は簡単です。
まずフットスイッチをPCに繋ぎます。
キーボードとして認識されるので、別途ドライバをインストールする必要はありません。
次に設定ツールを起動します。
b0255872_8445723.jpg

左下の『pedal quantity』で『1』を選択すると中央の設定枠のみ活性状態になります。
あとはキーボードで割り当てたいキーを押せばOKです。
ちなみに設定は本体に記憶されるため使用時は設定ツール不要となります。

上の例では『E(話す/拾う)』を割り当てています。この場合は『Long Press』にチェックを入れることで、踏みっぱでアイテムを拾うことができるようになります。

私が購入したのは1ペダルタイプですが、3連ペダルなんてのもあります。
こちらだと、テンキーを割り当てて武器一発切り替えなんてことも出来ますね。(当然3種類のみですが)

フットスイッチの最大の利点は『足で操作できる』ことです。
お値段もAmazonなら1ペダル版1,380円、3連ペダル版2,280円とお求めやすい価格なので気になる方はお試しあれ。(2012/07/25時点)
1ペダルあたりの単価は3連版の方が安くなりますが、ペダル間の間隔が固定となる点だけご注意を。
by bergamot_pso2 | 2012-07-25 08:44 | プレイ環境